fc2ブログ

実は日本の医療は先進国で最低だ

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

現代は素晴らしいを読む

実は不幸だった父を読む

バブルの実態を読む

マスコミの報道は嘘だを読む

再度の手術を読む

日本の宗教を読む

お尻の有り難さを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

二十七年ぶりのフィリピンを読む

日本の医療で発狂した私を読む

私の気が違った遠因についてを読む

前日の文を読む






初めて愛した人が出来たのだ。誘拐されることを考えるとその古い家で住むのが安全上、一番良いと考えたのだ。しかし、本当にいじめにあったようなものだった。私の車を長男の車の前に置いていて、塾の時間がなかった。急いで塾に向かおうとした。しかし、長男が大きな声で私に言った。





「おい、車を私の車の前に置くな。私は校長だ。いつ車を動かさないとも限らない。車を入れ替えろ」

「時間がない。大阪市内の塾にいかないと遅刻する」

「そんなの関係ない。ともかく車を置き換えろ」








文句は言えなかった。両親が長男が一番偉いと決めている。私は自分が塾をして初めて遅刻した。急いだので車を傷つけた。長兄は笑いながら

「お前もまだ運転がうまくないな」

と笑った。急いだからだ。何も言わず塾に急いだ。







そしてもっと惨めなことが起きた。妻が出産になった時だ.私の車の前に長兄の車がある。車を動かせない。妻を支えて15分程も、病院まで歩いたあの日を決して忘れることはないだろう。起こしたらどれほど長男は起こるだろう。長男や次男は私のことを人間とは思っていない。両親の教育の賜物だった。惨めだった。







「400万円も出して、修理してどんな意味があったのだろう。断ってもらったほうが良かった」

本当に後悔していた。意地悪はそれにとどまらなかった。外国人も見飽きたのか。母と妹が殆ど同時に言ったのだ。義姉が言ったと言うのだ。

「〇〇姉さんが言っていたよ。ハルオさんはすぐ出ると言っていたのに。いつまでいるのかしら」







技姉が私に出て欲しがっているのか。妻が察ししたらどうなるだろうか.愛する人を傷つけたくなかった。私は新しい家を求めた。しかし、何という不運だろう。

茨木市に新しい家を契約した。しかし、バブルの到来だ。売り主がもっと高く売れると思ったのか、契約をキュンセルされた。









あの時、父が入るのを拒否してくれていれば、茨木市に家を買うことが出来ていた。わずかの期間のために400万円という大金を使い、茨木市に家を買う機会を逸してしまった。断られていたほうが良かった。誘拐を恐れたのだ。笑う人は笑ってほしい。






よくよく考えれば自分が出てほしいから義姉を出したのだ。技姉が後に私に言った。

「治男さん、義母さんはとても怖かった。私がそんなことを言える立場と思う」

尤もだった。万一、技姉がそう言ったとしてもそれを私に伝えたら私がどんな気分になるか分かる筈だ。要するに自分が言うことにより私を出したかったのだった。









妹は私を追い出したかったのだ。茨木市はバブルですっかり高くなりとても買えなかった。子供は生まれる。古い家にはムカデも出たしヘビも出た。当初の金では生駒にようやく家が買えた。塾は引っ越しが致命的である。大阪市に100人以上の生徒がいたが、その実績は生駒市では全く通用しない。茨木市に家を買えていたら10分で大阪市の塾に通えた。仕方なかった。









妻は茨木市を離れたくなかった。しかし、全てはバブルだ。私達の運命は新たに動き出した。生駒市に引っ越しする時、妹がいかにも

「淋しくなるね」と私に声をかけた。お前の報告がなければ引っ越さなかったかもしれない。心の中だけで私は言った。おそらく妹はホッとしていただろう。








そして両親により、生駒市で決定的な裏切りに合うのだ。簡単に騙される私はなんと馬鹿だったのか。

つづきを読む








出来れば

クリックだけでなくその中でこのブログに戻って頂ければ倍のポイントになります。戻った文を読んで頂ければ、順位が上がり有り難いです。











ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!







私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと



こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています


スポンサーサイト



実は日本の医療は先進国で最低だ






結婚がようやく決まると難しい問題が出てきたのだった。週刊誌の記事であった。
「日本人と結婚した妻が蒸発する例が多い」というのである。
当時はまだヤクザの力が大きかった。私の妻は素人だったし私を確かに愛してくれていた。別れる時の表情でもそれが分かった。










しかし、ヤクザが妻を誘拐して
売り飛ばしたりしたら日本の警察が探してくれるのかという不安を持ったのだ。
「奥さんがいなくなったの。どこの国の人ですか。フィリピンですか。最初から結婚して日本で働きたかったのではないですか」
本当に真剣に操作してくれるだろうか。












私は塾であり夜の仕事である。せっかく愛した人を誘拐されたらどうしようと不安になったのだ。
「日本人と結婚した妻が蒸発する例が多いというのである」
その記事は私を不安にさせた。何しろ、親にも愛されていなかったのだ。












「長男は大事な中野家の跡継ぎ、次男はスペア、三男のお前は生まれてくる価値はなかった」
そう言われて育ち。宗教に助けを求めた時期もあったのだ。
中学、高校と本当に教会に助けを求めていて、友人にも宗教を勧めた。宗教に助けを求めていると本当に心から信じてしまうのだ。高校二年のときだった。










「悪いことをしても神を信じると助けられる。天国に行ける。一生懸命生きていても神を信じなければ地獄へ行く。神様とはそんなに贔屓をするのか」と疑問に思ったのだった。聖書を捨てたのだった。
やはり人間と愛し合いたかった。ようやく愛する人が出来て、誘拐されるという恐怖を味わった。












日本人を愛していたらそんなに不安を感じないだろう。しかし、
日本語も知らないのだ。真剣に考えた。やはり日本語を覚えるまでは父の実家の近くに暮らせば安心だという結論になったのだ。











父は茨木市に三百坪の土地があり、長男には家を立ててあげていた。その隣が父の家であり間に古い家がありその古い家の前に妹夫婦と次兄夫婦が住んでいた。
全部父がお金を出していた。
その古い家は囲まれている。ここに住めば夜塾で働いても誘拐される心配はない。










父に誘拐の心配を話し、古い家に住みたいとぃ言った。父は快諾した。
「あの家は長い間使っていない。修理代をお前が払うなら住んでも良い」
修理代は400万円程掛かった。他の兄弟には父が家を建てていた。私だけが古い家であり修理代も自分が払うのは不公平だがそんなことはどうでも良かった。










私を愛してくれた人を何としても守りたかったのだ。
どうしても、初めて私を愛してくれた人を何としても守りたかったのだ。修理代を支払い結婚後はそこで住むことになった。しかし、それが大失敗だと気がついたのは相当時間が経ってからだった。初めは外国人が珍しいこともあり大歓迎してくれた。










しかし、大変な代償を払うことになったのだ。
そんな話をしてもつまらないと思う方が大部分だとは思います。しかし、私は発狂しました。原因の一つとして参考にして頂ければ良いのではないかと考え敢えて恥多いことを少し書かせていただきます。







精神病院の実態やその様子は後ほど書かせて頂きます。








出来れば
クリックだけでなくその中でこのブログに戻って頂ければ倍のポイントになります。戻った文を読んで頂ければ、順位が上がり有り難いです。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!









私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです



こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています



実は日本の医療は先進国で最低だ









せっかく資格をとっても、採用してくれる会社がなければ働けない。京都大学を卒業したのが逆にハンディになったのだ。その為、自営以外に生きる道はなかったのだ。
その頃、私もアルバイトに疲れていた。やる仕事はことごとく下働きで給料も安く一日一食食べれば良いと諦めていた。お金は全く無かった。









初めてアパートの管理人になり管理室で塾を始めた。当然最初は二人か三人しか集まらなかった。それでも、家賃を一日で14万円ほど預かった時、生まれて初めての大金で怖かったことを今でも覚えている。
当初は苦しかった。アパートに電話があると生徒に課題を与えた。











「山下くんはこの10の単語を覚えよう」「田中くんはさっきの数学をもう一度自分で解いてみよう」
課題を与えて、電話を取り住人を呼び出した。携帯のない時代である。電話の取次は管理人の仕事であった。










管理人手当を一月に2万円ほどもらい、ようやく何とか生きていけると感じたのは三〇歳になってからだ。塾の電話はアパート共通だった。ようやく一〇人ほど生徒が集まり自分の電話。つまり塾の電話を買えた時は、その電話を抱きしめ「やっと一人前になった」と抱きしめたのは今でも忘れられない思い出である。










要するに当時の私はホームレスギリギリだったのだ。
やがて生徒が増えると、アパートの住人が出てもその後人を入れず、次々と教室に変え、一階は全て塾に変わった。父にはまとまった家賃を収めて、納期は必ず守った。とは言え、うっかり一日遅れると留守番電話に父の厳しい声が残っていた。









「今日は家賃が入っていなかった。どうしたのだ」
勿論、私は直ちに電話を入れてうっかり一日伸びた詫びを入れなければならなかった。
それでもこの日本で何とか生きていけると初めて思い始めた。何しろ、せっかく資格をとってもどの企業も雇ってくれないのだ。生きる道を絶たれたと本気で思っていた。









正直私は勉強などしたくはなかった。したいとすればラジオやテレビだけだった。大学へ行ったのは母の願いだったようなものだ。
母は常に私に言っていた。
「お母ちゃんは勉強できなくて辛い思いをしていたし、お父ちゃんから馬鹿にされる。あんたが頑張ってくれないとお母ちゃんの立場がないわ」











「なんで僕ばかりに言うの。どうして〇〇兄ちゃんには言わないの」
「あの子は勉強嫌いやないの。あんたは茨木高校に行ける力があったじゃないの」
母は勉強を高校時代にすっかりしなくしていた私を無理やり勉強させたかったのだった。










]尤も,京都大学に合格した時に、親戚中に自慢の電話をしていたが私には
「〇〇兄ちゃんを尊敬してあげてよ。お兄ちゃんなのだから」
と私に言うことは忘れなかった。母にとって私は見栄の材料でしかなかったのだ。母にとって常に可愛いのは次兄と妹だけで、私は母の愛を感じたことは一度もなかった。












物心ついてからずっとである。父を好きになれなかった母は父に似た私を好きになれなかったのだ。それはあらゆる場面で感じていたし、私が敢えて告白するのは、同じような人に激励したかったからで、多くの読者にとってはつまらないかもしれない。ここでお詫びしたい。私の当時に話題を戻したい。










三十五歳になると友人がことごとく結婚し、一緒に酒を飲む機会も減った。結婚はやはり男の別れの時なんだと痛感し、自分も結婚しようとあらゆるサークルに入った。しかし、結婚は困難な結果になった。一度、かなり私の好みの女性と仲良くなりかけたのだが、先方の親の反対があった。









「一人で塾を経営して病気にでもなればどうするのだ」
当時は女性は結婚すると主婦になった。やはり大企業の会社員や公務員は安定しており圧倒的に持てた。
その時、フイリピン人を結婚相手にしようとする人を旅で見つけその人には説得力があった。










「私は四十歳だ。日本の女性は相手にしてくれない、アィリピン女性と結婚することにした」
私も塾の講師で安定していない、同じことをしようかと考えた。英語が話せるので機会はある筈だ。何しろ、以前は向こうから飲みに誘ってくれた友人も私が誘っても
「今日は妻と約束がある」と断られると誘えなくなる、日本人女性は結局先方の親が反対する。持てないことは自覚しなければならない。











尤もフイリピン女性と結婚するとしても簡単ではない。二度も三度も振られている。しかし努力はいつか報われる。やがて妻と知り合いようやく結婚できたのが私か゜三十八歳のときだった、
フィリッピン人との結婚は大変複雑だった、あらゆる手続きを少しでも間違うと妻を一度はフィリピンに返さなくてはならなくなる。










絶対にミスがないように結婚の手続きを茨木市役所、フイリピン領事館、イミグレーション、すなわち入国管理局に行き何度も何度も確かめて塾の仕事もするのて大変だった。
でも私は嬉しかった。自分も好きになり。相手からも好きになられたのは生まれて初めての経験だった。家庭の愛を知らない私にとって人生で正に初めてだったのだ。









出来れば
クリックだけでなくその中でこのブログに戻って頂ければ倍のポイントになります。戻った文を読んで頂ければ、順位が上がり有り難いです。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!








私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです







こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

実は日本の医療は先進国で最低だ








妹はある意味で私も助けられた。アパートで塾をやるように勧めてくれたのだった。その当時、親戚がアパートで測量士をしていた。なんでも父が管理に困り
親戚のために二十万円をかけて管理を頼んでいたのだが十分儲けができたのでもっと大きい事務所に変わったのだ。父は怒っていたようだ。








「せっかく大金をかけて工事したのに、引っ越しした。恩知らずの奴だ」
当時その親戚は外車を二台も購入していた。私は正直外車を買う人の気持はわからない。一台ならわからないこともないのだが。二台買う人の気持は分からない。しかし、私には職業を得るチャンスだった。








それを提案してくれたのが妹だった。
「お父ちゃんも困っているし、ハーちゃんはその場所で塾でもすれば」
と提案してくれたのだ。当時の私は会社のエリートコースには合わなかった。せっかく京都大学を卒業しても、管理職には合わないと理解していた。








昔、父から禁止されていたが、ラジオを作りたかった。昔の夢が捨てられず、京都大学を卒業しながらラジオの専門学校にお金をためて夜間で勉強していた。
友達が出来ないとやはり勉強は出来ない。専門学校には京都大学を卒業したことは秘密にし、高校卒業ということでラジオの専門学校を勉強した。








専門学校で電気工事士とカラーテレビ修理技術者の資格を取った。
そこで友人も出来た。専門学校で出来た甲斐田君と中田君とは長い付き合いになった。ちなみにカラーテレビ修理技術者の合格者は全学生の四人だけで甲斐田君と中田君と私は三人とも合格し祝いの酒を飲んだのは今でも懐かしい思い出である。








「良かった。一人でも不合格ならお祝いができなかった。三人とも合格できて本当に良かった」
そう言ってお互いに喜びあった。その時、私は実は京都大学を卒業し事務に合わないと初めて告白したと思う。甲斐田君と中田君は
「あんたが京都大学を卒業してると知っていたら。きっと避けていただろう」
そう言ってくれたことを今でもはっきりと覚えている。









私は本当に電気製品の修理ができればそれで生きていけると信じていたのだった。
しかし、期待は裏切られた。専門学校では京都大学を卒業していたことを秘密にしていたのだが入社試験では隠せない。実際、当時京都大学を卒業しながら高校卒業で入社した人が解雇され裁判で
「本当のことを書かなかったことは解雇に値する」
と判決された事例を知っていた.










正直に京都大学を卒業したと書くと二〇社以上で不採用だった。
「内の社員は全員高校卒です。京都大学を卒業した人が社員と仲良く出来るとは思えません」
せっかく専門学校で技術を身に着けたのに採用されず私は絶望感に陥っていた。京都大学を卒業しながらホームレスの道へと進みつつあった。






出来れば
クリックだけでなくその中でこのブログに戻って頂ければ倍のポイントになります。戻った文を読んで頂ければ、順位が上がり有り難いです。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!







私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです







こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

プロフィール

xo6em3gc9c1o

Author:xo6em3gc9c1o
64歳でガンになりました。その偽らざる経験を知って頂きたいのです。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
2555位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1029位
サブジャンルランキングを見る>>

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
2555位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1029位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR