fc2ブログ

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





日本では何と馬鹿な医者達が真実をねじ負けた放送を堂々としていることに私がガンになり初めて気づいたのだった。バブルの時もそうである。

あの須田 慎一郎氏が堂々と「良い時代だったね」と公言していたのだ。これは以前にも書いていたが多くの若者を誤解させる罪なものである。





その御仁が経済評論家と世間に認められているのである。本当にテレビでは間違った人選が選ばれている。

これで良く「報道の自由」などとしばしば名乗り恥ずかしくないものだとつくづく感心するのであった。





私はテレビでの発言、「日本の医療は世界一です。掛かりつけの医師を信じましょう」と言う全く間違った放送を信じた為にその為に、手術が遅れた。

その為に、人工肛門になってしまった。全て、私が悪いのだ。私が悪いと思えば腹が立たない。諦めよう。





何しろ入院すれば医師は暴君でありその言葉には例え間違っていたとしても一切断られないのである。

ちょうど日本の国の中に病院と言う「北朝鮮のような国」が存在しているのだ。只、誰もそれを信じ続けているだけなのだ。医者は独裁者なのだ。仕方ないのだ。





ここはこの医師を信じよう。それでも一言だけ言わせて欲しい。

「先生、先生が人命第一だと仰ることは良く分かりました。それでも私は何が何でも人工肛門であることを嫌がっていることだけは御理解ください。

多少の危険は覚悟します。死んでも恨みません。どうか、人工肛門を卒業させてください」





医師は言った。

「最善を策します」

その言葉だけが頼りだった。




後は医師を信じなくて何が出来るだろう。医師を信じること以外、私には何も出来ないのだ。

つづきを読む



出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ



このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています


スポンサーサイト



実は日本の医療は先進国で最低だ







その頃の私には意識がなかった。私が意識を取り戻したのは随分後のことだった。
最初にまず自分が何なのか自分が誰なのか全く分からなかった。
始めてみた夢では私が無職でいろいろな仕事をしていた。






塾をやる前の状態だった。
こんなアルバイトばかりして、どうして生きていけるのか悩んでいた。
私より若い人達に使われて、苦しんでいた。






妻を認識できるまでかなり時間がかかった。
後に聞いた話では、妻が
「私は誰か分かりますか」






と聞かれた私は
「フェシェリアキタさん」
と答えたそうで、妻が
「結婚の事実も忘れたのか」
とがっかりしたそうだ。







因みに、フェシェリアキタとは結婚前の妻の名前であり
子供の顔も分からなかったそうだ。
入院当初は親切な人が毎日、マッサージをしてくれる。不思議な親しみを感じていた。
妻であることが分かるまでにかなりの時間を要した。妻であることを認識すると
早く妻の元へ戻りたかった。病院を出たかった。





しかし、自分がなぜ病院にいるのか分からなかった。当初はまたガンになったのかと、
考えていた。
「あー、ガンが再発したのか。今度こそ死ぬのだろうか」





そんな事を考えていた。
夢は色々見た。塾で生徒を教えたり、親にいじめられたり
昔の友人、江川君や松木君も夢によく出た。
彼らと親しく話していると、不思議と消えていき淋しい気持ちになった。






高校の説明会の夢もよく見た。塾の先生に対して
高校が説明会をするのである。その説明会に出席しようとするのだが
不思議と参加できなかった。






また子供達も出てきた。次女がスターとなりそれがきっかけで
マツコさんと親しくなり、よく夢の中で話をしていた。その時には起きた後で
幸福な感じがしたことを今でも鮮明に覚えている。






やはり塾の講師、三十五年もしていた仕事を奪われた悲しい気持ちだったのだろう。
只、病院の様子が今までと違うことは理解しだした。





ガンで入院した時には自由があった。例えば
薬を飲んだり食事をする自由があった。しかし今回は全てが異なっていた。
食事は強制的に与えられ、薬も看護婦が強制的に飲ませた。







私はなぜこんなに不自由なのかと不思議に思っていた。




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。












ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです




こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています 

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





思えば日本の医師国家試験は合格率がほぼ九十パーセントであり、しかも一年に二回も実施されるのである。一年で百人に一人しか不合格にならないのだ。

こんな現状を知りながら、「日本の医療は世界一です。掛かりつけ医を信じて下さい。それが最善です」そんな良心のかけらもない人が尊敬されているのだ。






何と日本人は馬鹿なのか。何が「日本の医療は世界一です。平均寿命が世界一であることがそれを証明しています」だ。余りにも堂々と嘘をつきまくっているではないか。




この医師もどこの大学を卒業したのだろうか。少なくとも国公立大学を卒業していれば少しは信頼できるのだが、「大学一年から国家試験の入試試験を教えて貰っていた医師」かもしれないのだ。





事実、日本では私立大学の医学部の一部では大学一年生から医師国家試験の為だけの勉強をしている大学があるのである。

そんな馬鹿大学こそ無くなるべきである。そんな大学も日本政府から莫大な援助を貰っているのである。そんな大学こそ日本から無くなって欲しい。





日本人は確かにおかしい。憲法を後生大事に守りながら憲法が禁じている私立学校への支援禁止を公然と破っているではないか。

憲法で私立学校への援助を禁止しているのは学問の自由を守りたいからである。





国が加担することにより教育に政府がかかわることを恐れたのである。ところが憲法を守れと言う人の人こそ私立校への援助を主張している。自己矛盾に気が付かないのだろうか。本当に支離滅裂の人達である。




日本学術会員のメンバーも同様である。抗癌剤で多くの人達を殺していたし今も殺し続けているのだ。そんな学術会議の人達は政府が任命拒否するのは当然のことである。




学者を信じられるわけがないではないか。確かに学者は十八歳か十九歳の時には優秀だったのだろう。しかしそれがどうしたのだ。

現実に多くの日本人を医療の名の元に殺し続けたではないか、そんな学者を信じられるわけがないではないか。





菅首相は大変良いことをされたのではないのか。私は彼を心から賞賛したい。

但し、菅首相が任命拒否したのは私が手術をしたずっと後のことなので手術をした時にはそこまでは考えていなかった。





しかし、似たような考えだったのだ。

つづきを読む



出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ




このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています


実は日本の医療は先進国で最低だ







重ねて言う。私は日本の医療によって気が狂ったのだ。それも重症だった。
後に聞いたのだが、多くの病院が断ったらしい。
最後に大学の附属病院だけが受け入れてくれたのだ。





つまり普通の精神病院では治療が無理だったのだ。
しかも体の器官が完全に機能しなくなり栄養不足になり
医師が、
「体に栄養がいかないので、外部から栄養を取らなくならなかったので放置すれば死ぬ」
と言われたらしい。







妻はどうして良いか分からず、子供達に選択を任せたらしい。
成人した三人の娘は相談して、
「このままパパを死なせることは出来ない」
と栄養を外部から与えてもらったらしい。







いわば私は三人の娘に命を与えてもらったようなものだった。
尤も子供達は私が気が狂ったままで治ることを誰も期待していなかったようだ。
よく助けてくれたと思う。





かつて次女は「ロマンス中野」の名で、アウトデラックスにテレビで出たことがあった。
マツコさんから認めてもらい、当時として初めて一人で一番組の主役になったのだった。
大変なチャンスを持ったのだ。






その頃、ヤフーの検索リストで「ロマンス中野」の検索が
羽生結弦についで第二位になったのだ。大変なチャンスで
フジテレビの別のプロデューサーから出演依頼があったそうだ。






私が絶望的状況の時に次女は絶好のチャンスを得ていたのだった。
ところが愚かな事務所が次女に、
「返事を出すな。出演料の交渉をするので任せておけ」
と返事を禁止したらしいのだ。





プロデューサーというと相当偉い人である。返事も出さない人間に腹をたてないはずがない。
結局、出演がなくなり次女は大変なチャンスを潰したのだった。





私が知っていれば、
「有難う御座います。是非出してください。認めて下さり有難う御座います。
只、事務所は返事を出さないようら命令しますので、この御返事は秘密にして
下さい。たとえ禁止されても認めて下さり本当に感謝しています」





とでも返事を書かせたのだが。残念ながら私がその事実を知ったのは
実に三ヶ月も超えてからだったので、残念な気持ちしか持てなかった。
つまり絶好のチャンスをなくしてしまったのだ。。






次女は次女で自分がスターの道を目指したことが私を発狂させたのではないかと悩んでいたそうだ。
実際はそうではない。あくまでも私が塾の講師ができなくなり生活基盤をなくしたことだった。





何度も言うように患者の生活を全く考えない日本の医療で発狂したのだった。





出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです


こちらも見て戴けたら嬉しいですガンで何度も死にかけた私が今思うことこちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!







「それは困ります。人工肛門のままなら死んだ方がましです。先生、私は生徒の前でオナラが出ないようになりたいのです。
私は塾の先生です。塾でいつも生徒を前にして、オナラが出るのが堪らなく辛いのです。人工肛門のままなら、本当にそのまま殺して下さい。
おまけに住宅ローンも残っています。家族が路頭に迷います。ホームレスにもなるでしょう。」







医師は確かに呆れていたようだった。
「中野さん、何を言っているのですか。人命が第一です。人工肛門閉鎖手術はします。万一の事態の時には人命第一なのです。





あくまでも万一の事態が起こった時には、人工肛門のままで我慢してもらわなければならないことがあると言うだけです。分かって下さい」




私は心の中で言った。
「何が人命第一だ。人命第一ならどうしてこの医者も前の医者と同じように抗癌剤を勧めたのだ。






抗癌剤こそガン患者の本当の敵ではないか。現に,阿保徹先生が仰っている。
「抗癌剤は患者を救うものではなくて、合法的に殺すものである。その阿保先生も恐らく誰かに暗殺されその事実も殆どの人達は知らないのだ」






もちろん、心の中だけの言葉である。口に出せば人工肛門閉鎖手術をしてもらえなくなる。主治医と喧嘩することになる。いくら馬鹿な私でもそれを口にするほどの馬鹿ではない。
私は精一杯言葉を選んだ。






「先生、私は人工肛門閉鎖手術だけを希望して今まで生きてきました。ここで私を突き放すようなことを仰らないで下さい」
医師は私を慰めるように言った。






「全力はつくします。あくまでも万一の時には人命第一が医者の本分であることを理解して下さい」
私には何も言えなかった。言うだけのことは言ったのだ。後は信じる以外何も出来ない。悪いのは私なのだ。





最初に便秘で苦しんでいた時に、浣腸してもウンチが出ない時に、別の医者を訪ねようとしなかった私が悪いのだ。




テレビで見た誰かの高名な医者が、
「日本の医療は世界一です。掛かりつけ医を信じて下さい。それが最善です」
その言葉を妄信して、他の患者ならきっと他の診療所に行ったのに、私は愚かにも、掛かりつけの医者を疑うことすらできなかった。






出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです
実は日本の医療は先進国で最低だ




このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています

実は日本の医療は先進国で最低だ






あの時私が希望していたように人工肛門閉鎖手術をしていてくれたら、今でも数人は生徒が残り発狂することはなかっただろう。
「ガンが転移しています。それを除くことが第一です」




そして結果的にそれはガンではなかった。それは医師が後で教えてくれた。
人工肛門閉鎖手術を受けた後で、ガンの検査があった。それを受ければ三万円ほど掛かるはずだった。私は病院に電話した。




「お世話になりました。お金がありません。次の検査を受けることは出来ません」
看護師の声が聞こえた。
「そうですか。それではお大事に」




それ以来私は病院を訪ねることなくもう十年が過ぎた。その間病院に行くことは殆どなくなった。いかに阿保先生や石原先生、舟瀬先生が正しかったことを私は身をもって証明したのだった。しかしフィリピンから帰国した後でついに発狂したのであった。






重ねて言う。日本の医療ほど患者のことを考えない医療は恐らくないだろう。私は誰にも言えない苦しみを長き長く経験したのだ。住宅ローンを抱えている私の悩みに答えてくれなかった。




その間の記憶は夢を除きなかなか思え出せない。その頃よく生徒を教えている夢を見た。そのたびに焦りを感じていた。日本の医療がこれほど患者を無視しているのに、相変わらずテレビでは




「日本の医療は世界一です。国民の平均寿命が世界一なのがそれを証明しています」
医療関係のテレビを見ていると、戦前の日本と何ら変わらないことがよく分かる。
「日本がアメリカに負ける筈がない」
マスコミは今や製薬会社を恐れ真実を一切公表しない。阿保先生のような世界的な免疫研究者の死をどの新聞も報道しなかった。




三度の手術を受け流石に生徒は全て止めた。フィリピンから帰った私はどうして住宅ローンを支払うべきか全く分からず、不安と焦りで毎日睡眠薬を飲みアルコールに頼らなければ寝られなくなった。





そして、ついに精神病院もっとはっきり言えば気違い病院に収容された。書きたくないが事実である。






出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです




こちらも見て戴けたら嬉しいですガンで何度も死にかけた私が今思うことこちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!






「でも、先生、輸血が原因でエイズにかかった人もいたでしょう。私はエホバの信者ではありません。
でも、売春してエイズになれば自業自得と思って我慢できます。でも、輸血が原因でエイズになれば、死んでも死に切れません。妻も私を疑うでしょう」






医師は落ち着いて私を諭すように言った。
「輸血が原因でエイズになるなんて、極めて珍しい例外です。血液は十分に検査されています。それに、万一輸血が原因でエイズになれば国の責任で保障されますよ」





幾ら説得されようと嫌なものは嫌だった。血液でさえ私にとっては私だけのものなのだ。他人の血液なんか欲しくはない。
それに国の補償と言っても決して元の体には戻してくれないのだ。





自分の体を犠牲にして一億円をもらって喜ぶ人がどこにいるのだろうか。しかも国の保証と言っても決して一億円もくれないだろう。
せいぜい二千万円貰えるのが精一杯だろう。そんなお金で自分を犠牲にして喜ぶ人がどこにいるのだろうか。






日本で輸血と言っても、既に外国では海水のようなもので輸血されているそうではないか。私も海水で輸血して欲しかったのだ。




どんなに例えば一兆、十兆貰っても自分の体は戻らないのだ。どこの誰が自分の人体を犠牲にしてまで大金を受けとりたい人がいるのだろうか。
誰がはした金を受け取って自分の体を犠牲にするのだろうか。しかし、それをここで言っても無駄なことは分かっている。






この日本では血液が足らなくなれば輸血以外助かる道はないのである。
当然に欧米などでは私の意志を尊重してもらっただろう。日本ではいまだに輸血しか認めて貰えないのだ。





これ以上私の我を通そうとすれば手術をしてもらえなくなる。私は小さい声で言った。
「先生、分かりました。でも、輸血は最小限にして下さい。私は自分の血がキレイなどは思いませんが、でも、他人の血は出来るだけ少なくしてほしいのです」






医師は言った。きっと、心の中では「なんと扱いにくい患者だ」と思っていたことだろう。
「分かりました。出来るだけ少なく必要な輸血にとどめましょう」
それはきっと私を慰める為に、気休めに行っただけだろう。実際に手術をすれば忙しくメスを動かすのだ。そんなことは忘れているに違いない。







でも、例え気休めだけでも、言ってくれて有難かった。私はその言葉を多少のよりどころに出来る。
只、次の言葉だけは許せなかった。





「万一、手術の結果を見て危なくなれば、人工肛門のままでおくこともあります」
冗談ではない。
病院を変え、必要もない前回の手術を受けたのは人工肛門閉鎖手術を受けたいからだ。それが出来ないならば、こんな込み合った病院などに通わなかった。私はすかさず言った。





本当に私は必死だったのだ。とても我慢出来ない。




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです


このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています

実は日本の医療は先進国で最低だ






ここで直接関係ないが私の高校生の時代の話をしたい。私は前歯が一本出ていた。私の歯は通常の人より大きいのだ。後ろに永久歯が伸びてきていた。






私はすっかりノイローゼになった。私は歯科医に
「犬歯の後ろの健康な葉を抜いてほしい」
その歯科医は
「後悔しませんか」
と聞いた上で実行してくれた。私は感謝している。







後に他の歯科医は全員が
「何と言う歯科医だ。健康な刃を抜くなんて」
とその歯科医を非難していた。しかし私はその歯科医に感謝している。医者や歯科医は患者の意思を尊重すべきである。あの時、その歯を抜いていなければ間違いなく私の一本の歯は間違いなくもっと前に出ていただろう。若い男性である。女性に持てにくくなっただろう。







毎日、歯のことを考えてノイローゼになっていたかもしれない。私は私の願いを聞いてくれた歯科医のようにあらゆる医師や歯科医は患者の意思を第一に考えなくてはならないと思う。
同じことだ。私は早く退院して塾をしたかった。







しかし、病院は私の希望を全く無視し不要な手術を強制した。私は三度の手術をして結果的に全ての生徒を失った。なぜ患者の意向を全く無視するのだろうか。
日本の医師ほど傲慢な人種はいないのではないだろうか。例えば、私の妻が喘息になった時医師は妻の意向を無視してこう言った。






「その薬は不適です。古いです。新しい薬を飲み続けて下さい」
医師の説明によると、薬を生涯飲み続けなければ将来死ぬ恐れがあるという。妻は生涯薬を飲も続けるのが嫌で、やぶ医者の上村医院に変わった。








私が便秘のときに
「浣腸しても便が出ませんか。それでは便が出たときに検便しましょう」
と言った医師である。当然便を待っていれば私は死んでいたことだろう。詳しいことは「私の入院体験から読む」をお読み下さい。しかし無能なだけに取り柄はあった。







妻がその医師にかかれば幸い無能なだけに希望の薬を出してくれた。
妻は今では全く薬を必要としない。やはり一時的だったのだ。どうしてはじめの医師は妻の希望を聞かなかったのか。自分の知識への傲慢さである。





その上村医師はかつて私が睡眠薬を求めた時に、
「睡眠薬など飲まない方が良い。それより血圧が高い。降圧剤が必要です」
そう言って、降圧剤だけを与えたのだった。私はわざわざ生駒市まで通い睡眠薬を与えてくれる医師に通っていた。





患者は自分のことを誰よりも知っている。どうして日本の医師は自説にこだわり、患者を無視するのか。私には不思議でならない。





親友の松木君も、こんな経験があるらしい。求める薬を医師は
「その薬は古い。この薬にしなさい」
その結果、副作用で悩まされ松木君が再度医師に行き、元の薬を求めた時に医師は再度、
「その薬は古い。この薬にしなさい」





そう言ったのである。
松木君は憤慨し、
「大変な副作用が出たのですよ。ネットで検索して下さい。私はその副作用が出た。やはり元の薬が良いのです」
そう言ったら医師も検索し元の薬を出したとのことだった。







松木君は気が強く主張できたから良かった。殆どの患者は医師の言いなりになっていただろう。
日本の医師ほど傲慢な医師は世界でも稀ではないか。





私も同様だった。私は石原先生や阿保先生更に舟瀬先生の本を読みガンに対しては自信があった。それなのに無理やり不要な手術を強制され結果的に全ての生徒を失った。長期な休みを二度までは親も許してくれたかもしれなかった。





まだ生徒は十人程残っていた。頑張れる余地はあったのだ。しかし、三度の長期休暇は流石に親も生徒も不信感を持っただろう。「三度目の正直だ]結局私は全ての生徒を失った。






しかも二度目も三度目も、はじめに「二週間で退院出来る」と言ったのに、二度とも「小腸が動いていない」という理由で退院を認めなかった。前述したように、私が妻に頼んで秘密の食事をしたから二週間で退院できた。




よく友人達は、
「医者が食事や水分の禁止をしていた時に、食事をして怖くなかったか」
と聞かれたが、私にとって仕事が第一であり住宅ローンが心配だったのだ。生きていても住居がなくてどうして生きていけるのか。






住宅ローンを抱えていた私の状況を医者は全く考慮しなかった。日本の医師ほど患者の生活を考えない医師は世界でも珍しいだろう。アメリカのドラマを見ると医師はまず患者の意思を聞いている。
他の世界ではどうか。例えばテレビの修理者はこう言うだろう。






「修理費はこれだけかかります。新しい機種な変えたほうが良いかもしれません」
どこまでも客の医師を第一にする。日本の医師だけである。客の意思を全く考慮しない。





国民健康保険制度に守られて、客は安く医療を受けられる。その結果、医師を傲慢にさせてしまったのだ。国民健康保険制度は良い。しかし、大事なのは患者の意志と生活である。命が助かっても住宅が取り上げられホームレスになれば、生活が成り立たない。そんな患者の生活を全く考えないのが日本の医師である。






不要な二度目の手術を加えて三度も長期休みを取ったのだ。三度の長期休みは親や生徒の信頼を失ったのだ。結果的に塾の仕事ができなくなった。日本の医療が私を発狂させたと言えないのだろうか。





どうして私が切望していた人工肛門閉鎖手術をしてくれなかったのか。




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです




こちらも見て戴けたら嬉しいですガンで何度も死にかけた私が今思うことこちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!






家族の他の誰もがその時、手が離せなかったのだ。漸く三女も成人になっていた。三女はこんな席では何も言わない。
同じように育てていても、個性があり三女はどんなに本人の興味があろうと、なかろうと一切口は挟まない。




退屈ではないかと私が思う時でも、三女は何を考えているのか一切口を挟まない。大人の話に何も言わない。
まさか信条にしているわけではないだろうが、自然にそうなるのである。話すのは私だけである。手術前に確認の面談があった。





前述したように三女が立ち会ってくれた。主治医が私達に言う。
「それでは、輸血の承諾書にご本人と同席の家族の方の御署名をお願いします」
輸血、それは嫌だった。新聞の記事で輸血が原因でエイズに感染した人の記事があり、私はそれを恐れた。






何よりも、私は既に例の両親が輸血を拒否したエホバの信者の事件の続報を知っており、輸血を恐れていた。
他人のものは一切私は拒否したい。それは私の心情である。
勿論、何度も言うようにそれを望む方々を決して否定はしない。人はそれぞれの心情で生きているのだから。





私に限ってはいかなる他人のものも受け付けたくなかったのだ。
「先生出来れば輸血をせずに塩水で手術して頂けないでしょうか」
主治医が呆れたように私に言った。





「海水が血液の代わりになるわけがないでしょう。失血すれば輸血するのが常識でしょう」
私は尚も食い下がった。




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです




このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています

実は日本の医療は先進国で最低だ




日本の医療で発狂した私





私にしか書けない。私が声を上げなければならない。いまさら、私は金持ちにも、有名にもなりたくない。もしも、この手記が大ヒットになったとしても、あの世にお金を持っていくことは出来ない。





有名にひょっとしてなれば困ることばかりである。以前にも書いたが、例えば、立ちしょんが出来ない。悲しいかな。私は急におしっこをしたくなるのだ。いくら何でも、人家の前では我慢する。




飽く迄も、周囲を見て、例えば小さい川があればそれに向けて、おしっこをする。恥ずかしいけれど我慢できないからだ。しかし、ひょっとして、私が有名人になれば、さすがにそれは無理だろう。





しかも、大手術を受けてからその頻度は増してきたのである。有名人にはなりたくない。しかし、有名人になればこの手記も世に出るチャンスは増えてくる。私は世に絶対に訴えたいのである。有名人になることより、この手記が世に出るのであれば、何でも我慢しよう。その決意が出たのだ。





 私は世に訴えたいのだ。「気違い病院」がどんなものであるのか。そもそも、なぜ私の気が狂ったのか。私は間違いなく、気が狂った。




しかし、その原因を作ったのは日本の医療だ。もう一度復習しよう。私は塾で働きたかった。しかし日本の医療が私の希望を奪ったのだ。
一度目のガンの手術は仕方なかった。しかしその後で私は人工肛門閉鎖酒手術だけをして欲しかった。






しかし病院はその前にいらない手術を求めた。
前述したように全く要らない手術を強制された。結果的に後でそれは単なる出来物と分かった。度重なる手術でその度に生徒は止めていき、フィリピンから戻った私はすっかり生きがいを失った。焦りしか残らなかった。





不安になった私は住宅ローンも抱えており、眠れぬ夜が続き酒と睡眠薬に頼らなければ眠れなくなったのだ。私は弱い。しかしどうして日本の医者は個人の欲求を無視するのだろうか。不要な二度目の手術がなければ、何人かの生徒は残り恐らく発狂することはなかっただろう。





出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです




こちらも見て戴けたら嬉しいですガンで何度も死にかけた私が今思うことこちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

プロフィール

xo6em3gc9c1o

Author:xo6em3gc9c1o
64歳でガンになりました。その偽らざる経験を知って頂きたいのです。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
2555位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1029位
サブジャンルランキングを見る>>

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
2555位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1029位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR