fc2ブログ

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





更にこの機会に是非若い方々にもお伝えしたいことがある。最近は若い夫婦に望んでいても妊娠しない夫婦が多いと言う。妊娠しないので不妊治療で一千万円も費やしたと言う御夫婦さえいた。





医師の不妊治療を受信するのは間違いだと思う。これは前にも書いたが余りにも大事なことなので敢えて繰り返させて頂きたいのだ。是非断食をお勧めしたい。




実際、断食道場に通い妊娠したと言う感謝の手紙が数多いと言う。これも考えてみれば当然のことである。動物的に考えても、栄養満点なら妊娠しづらいのも当然ではないだろうか。




体が安心してしまうのである。体が栄養満点で当面は子孫を残す必要がないのだ。

無駄な不妊治療など全く必要ないのだ。貧しい国を見て頂きたい。食糧が不足している国などは医療も発展していないのに子供であふれているではないか。





言ってみれば、

「栄養満点ですね。今は子供を持たないで大丈夫ですよね」

 と、体が勝手に思い込むのである。




確かに栄養不足であれば、

「危機である。早く子孫を残さなければならない」

体の率直な反応であろう。




妊娠しやすい体に変化するのだ。実際、私達の年代、団塊の世代では一学年に二百七十万人もの子供がいたのだ。確かに例えば私の実家でも五人兄弟だった。




食べる者は殆ど不足していた。貧しいフィリピンの田舎で育った妻も九人兄弟だ。私の子供の頃は戦後であり食べるものが不足していた。




以前にも書いたが当時には御飯に醤油だけ食べても結構美味しかった。食が不足していたのだ。自然にどの家庭でも多くの子供がいた。




例えば九人兄弟の同級生もいた。今では恐らく考えられないだろう。当時はほんの以前の中国のように「産児制限しよう」と言う議論さえ普通にされていたのだ。




当時には実際にこんな議論が良くされていた。

「何より今生きている人達の命の方が大切です。このままでは人口過多になり誰もが食糧危機に陥ります。児童は二人までに抑えましょう」




恐らく今の若い人には考えられない現象だろう。現実に寄ると触るとその議論がなされていた。人工過多はそれ程の重大問題だったのだ。




繰り返すが何しろ私達の学年では二百七十万人だったのだ。今では新生児はわずか百万人以下と言うではないか。

老人のいない社会は想像出来ても子供のいない社会は想像すら出来ないではないか。私は人間が平等であるとはとても思えない。


つづきを読む



例えば私は七十四年以上生きて来た。これから後何年生きられるだろうか。それより若い人達は後何十年も生きなければならないのだ。




若い人達の方が大切に決まっているではないか。これらのことは以前にも書き、しつこいようであるが何度書いても足りない気がするのである。




尤も、私が「若い人達の方が大切である」と言うのも老人だからこそこうやって言えるのだろう。

若い人が同じことを言えば当然非難されるだろう。




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。














ブロ友


良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。https://tatakau736.blog.fc2.com/【岡田有希子の謎】予知夢・超能力◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/私の別のブログですこちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ



このブログはがんだけに特化しています。私の紹介したブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログは若い方に役に立つよう何でも書いています


スポンサーサイト



実は日本の医療は先進国で最低だ






ふと、私は妻が三女と故郷を訪れた時に、私に語った思い出話を思い出した。
三女がいとこの子に、「あほ」と言われて泣いて怒ったそうだ。




三女が同い年くらいの男の子に言われて「あほと言った」と、妻に怒りをぶつけたのだった。実は「あほ」と言うのは、妻の現地の言葉で「僕のもの」と言う意味らしい。





三女が男の子のものを自分のもののように使っていたので、取られて困ると思ったのか、「それは僕のものだよ」と言う意味で言ったのだった。




しかし、三女はそれを文字通り「馬鹿」の意味ととらえて、泣いて怒ったのだった。言葉の行き違い、それは常にあるだろう。尤も、そんな言葉の行き違いもすぐに忘れてしまうのが、幼児の利点であり微笑ましくもあることだ。





そう言えば、服部君と言う青年が、「フリーズ」と言われて意味が分からなくて、アメリカで射殺された事件があった。随分有名な事件だったが恐らく若い人達はその事件を全く知らないだろう。




現地では「止まれ」と言う意味らしい。しかし、それは少なくとも当時の辞書にはそんな意味はなかった。私も塾で英語を教えているが、そんな意味は全く知らなかった。「フリーズ」とは「凍る」とか、「凍り」を意味していた。冷凍庫のことを「フリーザー」と言うのは文字通りそのことを意味している。




突然「フリーズ」と言われて、服部君も困惑したことだろう。分からないうちに射殺されてしまった。海外に出かける人は常に、心して欲しい事件である。意味が分からなければすぐに、





「アイドントノー、ホワットドウユーミーン」
「分かりません。どういう意味ですか」
そうでも言えていれば、「ストップ」と言ってくれたのではないだろうか。





そして、少なくとも射殺されることはなかったのではないだろうか。悲しくて、私にとっても忘れられない事件であった。




普通には誤解があっても、すぐに溶けることが殆どであろう。若ければ若い程異文化に溶け込めるものである。




確かに,若さは唯それだけで素晴らしいものだった。三女が幼かった時に、すぐに現地に打ち解けたように、若い次女も本当に現地の幼い子供達とも何でも打ち解けあっていた。その国の幼い子供たちの先生でもあっただろう。スマホの使い方も教えていた。言葉なんて必要がないのだ。




私はフィリピンに来る前から、次女に言っていた。
「何でも話せばええんや。文法なんて全然気にしなくて良い。思ったことを話せば通じるんや」
次女は確かに実行していた。







出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。























こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!





しかし、裁判で、
「無駄な治療費と時間を取り戻して欲しい」
そう請求しても、裁判で負けるに決まっている。




受け付ける弁護士さえいないだろう。何しろ、国民ほぼ全員が「日本の医療は世界一」「国民皆保険制度が正しく行われている日本に生まれたことは幸運だ」そう信じ切っているのが国民なのだ。




丁度、「第二次世界大戦で、日本が負ける筈がない。戦争に参加しないのは非国民だ」
そう信じていた殆どの国民と同じく、無駄な治療費や時間を取り戻して欲しいと請求しても勝てる筈がない。




つくづく思う。今度の新型コロナも同じことだ。日本ほど同調勢力が強い国はないだろう。私にとっては住みにくい国であった。




無駄なことは考えない。楽しい話題を探そう。早くお笑い番組でも見て、楽しく時間を過ごしたい。ここにテレビがあるのだが、コマーシャルの時間も含めて十分程で百円も取られたのだ。




茨木斉山会でもそうだった。私はその時には二つの病院しか経験がなかった。他の病院でもそうなのだろうか。私にはまるでヤクザのしのぎのようにしか思えなかった。
その時の私には、とてももったいないお金だった。私はお金を払ってテレビを見たことは一度もなかった。常にラジオかカセットで音楽を聞いていた。




時には数学の参考書や英語の本を家から持ってきてもらいそれらを解いて時間を潰していた。時には医者が私のチャートを見て
「チャートか懐かしてなあ」と驚いた場面も何度もあった。また看護婦さん達も、
「中野さん、凄い、こんな難しい問題が出来るのね」
と称賛された。




称賛されても嬉しくなかった。私は塾の講師を三十五年もしていたのだ。解けて当然だろう。
私は只、他にすることがなかっただけであった。心を紛らわせるために、早くテレビを家で只で見たい。心からそう思っていたのだった。




ここで若い方々にはもう一度是非お願いしたい。前文でも書いたのだが、私にはツイッターもフエィスブックも全然分からない。
是非、私のブログを紹介して頂きたい。私は有名人ではない。とても本を出版する力もなければテレビで発信できる術も持っていない。




今更、金持ちにもなりたくない。只、日本の医学を少しでもマシにしたいと思うだけなのだ。
以前にも書き少々しつこいとも思うのだがここまで書くとくどいようでも書きたくなってくるのである。弱い私を許して頂ければ幸いである。





それは恐らく若い方々にも役に立つだろう。若い方々もいずれは年を取る。ガンになることもあるだろう。そのときに医者の言いなりになり医者の餌食にはなって欲しくない。




私の手記を読んだ若者は将来、もしガンになっても決して医者の言いなりにならないだろう。
私はそれだけで嬉しい。一人でも多くの若者に私の手記を読んで欲しい。それは間違いなく若者の命を守るだろう。




私の経験が少しでも日本の医学をまともなものに変えて欲しい。間違いなくそれはあなた方若い世代にも有益だろう。






出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。














ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです


今このブログではガンだけに特化しようとしています。紹介したブログはガン以外にも例えば株やバブルの状態のことも説明し、若い人々に是非御参考にしていただきたいと思っています。

実は日本の医療は先進国で最低だ

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

現代は素晴らしいを読む

実は不幸だった父を読む

七十三歳になって思うこと

バブルの実態を読む

マスコミの報道は嘘だを読む

再度の手術を読む

日本の宗教を読む

お尻の有り難さを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

二十七年ぶりのフィリピンを読む

前日の文を読む





他のことと言うと、私はフィリッピンの人々にどこかすまない気持ちを持っていたのだった。当時、日本軍はフィリッピンに進軍していたのだ。実は彼女は私に言ったのだ。




「私は両親を私の目の前で日本軍に殺されました」

私は彼女に言った。

「それではあなたは日本人が嫌いでしょう」

彼女は少し考えてこう言った。





「Past is past. 過去は過去です。今の日本の人達はどこの国の人達よりも親切で思いやりがあります。私は悪いのは日本人でなくて戦争だと思っています」





どこかフィリピンの人達に抱いていた申し訳なさが取れたのだった。彼女は今どうしているのだろう。本当に是非会いたかった。しかし今回は無理だった。





ともかく、このフィリピンではいろいろなことを学ばせてもらった。第二の故郷とも言えた。

しかし、そんなに第二の故郷であるフィリピンも、結婚してからはとても行けなくなっていた。子供が小さいと海外旅行も難しくなる。前述したように当然に旅費も二倍三倍となる。独身の時には私一人の飛行機代が、ホテル代が、食費が二倍三倍となる。





治安も気になる。日本ではすべての安全性についての知識がある。独身時代には私一人死んでも誰も泣く者はいなかった。多分、親からも愛されていなかった私は、死んでも誰も泣かなかったであろう。





以前書いたとおりである。本当に三人とも無職になったからこそ行けたのだった。でも、良かった。これで次女だけが妻の故郷の話をしても、孤独を感じることは無くなるだろう。しかし、日本は何と淋しい国なのだろうか。無職にならないと、とてもこの長期旅行が出来ないのである。そして、普通の日本人はその淋しさを知らない。







日本が豊かな国と信じて疑うことすらしないのである。本当に豊かな国とは、一年に一か月くらいの休暇が取れて初めて豊かな国と言えるのではないだろうか。無理を言っているのではない。テレビで「ユーは何しに日本へ」を見ても分かるだろう。





アメリカや欧州の豊かな国の人々は一年に一か月の休暇が取れるのは珍しいことではなく、当然の権利なのだ。殆どの日本人は世間の日本内での常識にとらわれている。基本的にとっても従順な国民なのだ。私のように、一年働けば一か月くらいの休みが取れるのが当然であるとは誰も思わないのだ。





私の考え方は多分いくらかの若者は支持してくれるだろう。ゆっくりとでも良い。いずれは多数派の意見になることを祈ってやまない。





ともかく経過はどうあれ、次女やっと妻の故郷を訪れることが出来たのだ。本当に良かった。

つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。












ブロ友




.fc2.net/私の別のブログですこちらも見て戴けたら嬉しいです

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと




こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています


ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





しかし、正直に言ってくれたことには寧ろ感謝した。大抵の医師ならきっとこう言うだろう。

「中野さん、良かったですね。悪性のガン細胞でしたよ。放置していたら、大変なことになっていましたよ」




医者は嘘つきだ。患者には分からないのだから、出来るだけ感謝されるように平気で嘘をつくだろう。この医者は正直なだけだ。

元々全国的に日本の医者がしばしば嘘をつくと言うことは広く知られている。





例えば、

「余命は後三か月です」

患者が医者のお陰で少しでも長生きできたと信じさせるのである。自分が仮に医者だとすると同じことを当然にするだろう。





この点がずっと以前にタレントの辛坊治郎氏が「悪性のガンが見つけられましたが初期で助かった」とテレビで言っていたのが必ずしも真実とは限らない理由である。




私には喉の奥に生まれつきのポリープがあった。子供の頃には指を喉の恩に口の中に突っ込んで、無理に取ろうとしていた。気持ち悪かったのだ。

単なる出来物なのに、気になって仕方なかったのだ。今回、大げさに取り除いたものもそれと全く同じなのだ。単なる出来物なのだったのだ。やはり全く取り除く必要などなかったのだ。





それでも、当然に治療費や入院費は支払わなければならなかった。世の中に医者ほど楽な商売はないのではないか。

これが例えば、ルームクーラーを取り付けて全然動かないので、「もういらない」そう答えた時に、クーラー代を請求する電気屋がこの世に存在するのだろうか。





動かない車を購入して、それでも代金を請求する自動車メーカーがあるだろうか。本当に医者の常識は世間の非常識がまかり通っている。

つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ



今このブログではガンだけに特化しようとしています。紹介したブログはガン以外にも例えば株やバブルの状態のことも説明し、若い人々に是非御参考にしていただきたいと思っています。


実は日本の医療は先進国で最低だ

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

現代は素晴らしいを読む

実は不幸だった父を読む

七十三歳になって思うこと

バブルの実態を読む

マスコミの報道は嘘だを読む

再度の手術を読む

日本の宗教を読む

お尻の有り難さを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

二十七年ぶりのフィリピンを読む

前日の文を読む





実はそのときに良い経験を更にしたのだ。

その経験は当時インのマネージャーをしていた女性だった。私は彼女に二度助けられた。一度はその女性は私がその少年に数学を教えたときだった。彼女は何か問題を私に出し、解けられるか聞いてきた。





それは数学ではなかった。クイズのようなものであり私も分からないものだった。しかしその後彼女とに会話に非常に救われたものがあったのだ。

私は彼女が出した問題を分からないと答え、その時彼女に聞いた。





Do you like mathematics?

それに対して彼女はこう答えた。

I like mathematics,but mathematics doesn’t like me.




私が「あなたは数学が好きですか」と問うと、彼女は「私は数学が好きです。でも数学のほうが私を好いてくれないのです」その答えは私を救ってくれた。





ずっと以前に書いたので殆どの方は忘れられていると思うのだが私は電気が好きだった。初めてラジオを作りいつも自分のラジオを作りたかった。しかし、それは父の無理解で拒否された。大学では本当は電気を勉強したかった。





しかし、前述したように東大入試がなくなったのだ。大部分の東大受験生が京大を受験するだろう。流石に東大受験生に加えて東大がなくても京大の電気を受験する強敵揃いだ。とても受験しても合格できるとは思えなかった。私は他人を助ける為に、農学部で食料危機を救いたかった。




農学部では食品工学を第一志望にし第二志望に農学科を志望した。私は第三志望に林学科をしてそこに合格したのだが、余り興味を持てなかったのだった。




更にある。一部上場の当時の商社にも興味が持てず大学を卒業していたことを隠して専門学校に当時としては珍しく大学を卒業して敢えて専門学校に行ったのだった。しかし、入社試験では嘘をかけない。





正直に京都大学を卒業していると知った面接官は

「内の会社では高校しか卒業していない。とてもあなたが全員と仲良くできるとは思えません」

20社以上で不合格だった。

私は電気に対して常に劣等感を何処かに持っていた。しかし、彼女の言葉

I like mathematics,but mathematics doesn’t like me.

私が「あなたは数学が好きですか」と問うと、彼女は「私は数学が好きです。でも数学のほうが私を好いてくれないのです」





その言葉に今までどこかに持っていた電気に対する劣等感もなくなったのだった。そうだ

「私は電気が好きだった。しかし、電気が私を好いてくれなかったのだ」

そう納得すると不思議に劣等感がなくなったのだ。




今の若者も私のように何処かに劣等感を持っている人達も多いだろう。例えば野球をしたかったのに何かのおかげで進めなかった。そんな人達も納得したら良いのだ。




「私は野球を好きだった。しかし野球が私を好いてくれなかったのだ」

そう考えると救われる人達も多いのではないか。人生を前向きに捉えるのだ。何かで挫折した人達もそう考えよう。





例えば音大に合格できなくて自信をなくした人も

「私は音楽が好きだった。しかし音楽が私を好いてくれなかったのだ」

そう考えよう。たった一度の人生である。楽しく生きなければ損である。私は生きてきてよかったと思っているし他の人達とりわけ若い人々に幸せになって欲しい。





このマネージャーには他にも救われたことがあったのだ。次回に書かせて頂こう。

つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと



こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています


ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





この時ほど妻を有難く思ったことはなかった。何度でも言う。本当に妻の有難さを再認識していたのだ。

自分の仕事を持ち、尚も私の下着を洗濯しそれをほぼ毎日持って来てくれるのだ。本当に妻には感謝しても感謝しきれなかった。




恐らく日本人と結婚していたら、とても同じことをしてくれなかっただろう。当然に他の殆どの日本人のように「日本の医療は世界一」と信じていただろう。




フィリピン人と結婚していたから私は助かったのだろう。おかげで助かったのだ。実は毎日妻が働いていたのも妻の年金の為だった。



調べてみると以前にも書いていたように六十五歳から自分の掛けた年金から支払わられると聞いていた。実は私の妻は私より十五歳も離れていた。私の年金だけでは妻の年金も限られてしまうのだ。






おまけに妻が年金を払えたのは妻が結婚した後なので二十三歳の後半だったのだ。恐らくこのままでは妻がもらえる年金は五万か六万程度でとても足りないだろう。


当然に私が先に死ぬだろう。恐らく平均寿命まで生きるとして、男の平均寿命は82歳だ。女の平均寿命は88歳である。





21年もの期間、その金額で生きなければならない。果たしてそれが可能だろうか。だから私は妻を説得して働くように助言していたのだ。





子育てに手がかからないようになると時間も出来た。初めての日本の会社である。慣れない仕事で戸惑ったことだろう。




しかし妻は働き続けていたのだ。当然にそれで毎日私の世話をするのは相当大変だっただろう。しかし妻は愚痴一つ言わずに私に尽くしてくれたのだ。

私が感謝しなければそれこそ罰が当たるだろう。漸く、主治医が食事を許してくれた。





始めはこちらの胃のことを心配してくれて柔らかい水のようなものを出してくれたが私は既にもっと固いものをよく噛んで食べていたので物足りなかった。妻の弁当の方がはるかにおいしかった。




やがて、主治医が驚くべきことを言った。

「中野さん、ポリープは単なるポリープでガン細胞ではありませんでした。でも、ポリープがガンに発展することはよくあるので、切り取ったのは良かったですよ」





私は心底驚いた。やはり、必要のない手術を無理にされたのだ。

つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ




今このブログではガンだけに特化しようとしています。紹介したブログはガン以外にも例えば株やバブルの状態のことも説明し、若い人々に是非御参考にしていただきたいと思っています。


実は日本の医療は先進国で最低だ

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

現代は素晴らしいを読む

実は不幸だった父を読む

七十三歳になって思うこと

バブルの実態を読む

マスコミの報道は嘘だを読む

再度の手術を読む

日本の宗教を読む

お尻の有り難さを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

二十七年ぶりのフィリピンを読む

前日の文を読む





当時にあった新日本トラベルという会社で、三泊四日のマニラ観光が五万円以内で行けたのだ。しかも、宿泊宿もついてその値段だった。食事も毎朝食は付いていた。

それで十分だったのだが、次第により自由を求めだし、その新日本トラベルでエアオンリーの制度で飛行機代だけで、ホテルは現地でより安いインを使い始めたりさえしていた。







そして実は、フィリピンで塾の講師として生きていく自信も与えてもらったのだ。少しだけ、独身時代の経験を話させて欲しい。

エルミタトゥーリストインというインで、ボーイが数学の問題で困っていた。日本の高校生の一年の問題だった。数学の割り算だった。





教科書通りの基本的な問題であり私が教えてあげた。数学の問題を英語で教えられるのか、挑戦でもあった。苦労したけれど、何とか分かってくれたようだった。教え終わると私は、少し疲れてビールが飲みたくなった。





ビールを注文すると、ガードマン、ホテルの店員全員が何と私が数学を教えた少年に、

「君は数学を教えてもらったではないか」

「彼のビール代は君が払うべきである」





そのように少年に言ったのだった。その少年は、実際に自分の財布を開けようとしていた。恐らく、日本円で百円程度であっただろう。

しかし、ボーイのサラリーは極めて安いことも私は知っていた。その少年にとっては決して安いものではない。私は慌てて言った。





「大丈夫だよ。私が飲むのだから、私が払うよ」

私は内心、少し驚いた。フィリピンの人達は何かというと、チップをねだり、日本人からは、お金をたかる傾向があった。しかし、その時には、全員が授業料として、日本人の私に「ビール代くらい払えよ」と、少年に言ったのだった。





正直、私は塾の講師であることをどこかで卑下していた。実際、いろんな場所で、例えば近所の集会などで殆どの人達が学校の先生には「山田先生」とか、敬称として「先生」と言っていた。私自身は塾の経営をしていると、





多くの場合「中野さん」とさん付けで呼ばれることが多かった。私自身は「先生」などと呼ばれたくない。本心そうである。しかし、それなら学校の先生にも、自分や子供がその人に教えてもらっているなら、「先生」と呼ぶのが自然である。





しかし、近所の人達が近所付き合いだけの寄り合いの場で、学校の先生には「先生」と呼びながら、塾の講師である私に「中野さん」と呼びかけることには、正直、抵抗があった。本当は私の方が教え方がうまいのに、塾の講師は「さん」で呼ばれ、学校の先生が「先生」と呼ばれるのは納得できなかったのかもしれない。





尤も、考えてみれば多くの学校の先生はなりたくてなったのだろう。私は生きるために必死に追い込まれて塾の経営者になったのだから、尊敬に値する筈がないのだが、「士農工商」の商でしかないことに、やはり心のどこかに卑下する気持ちがあったのだろう。





昔の江戸時代では、武士が一番偉かった。何と言っても強いし、時代によっては、切り捨て御免、と町人を切り捨てる自由すらあったのだ。その時代に生きていた人達は、どれほど武士を恐れたことだろうか。農は言うまでもなく、人々が生きていく為の食料を与えてくれる。




武士に次いで偉いのは納得できる。次に偉いのは工である。物を作る。職人であり、確かに偉いことは認識できた。商は何も作らない。右から左へ運ぶだけである。そして、その間に利益を得るのだ。





確かに、一番地位が低いのは納得できる。その中で人にものを教える今で言う教師はどんな位置にいたのだろうか。私には分からない。興味はあるけれど、調べてみたいほどの興味はない。恐らく、士農工商に属さないけれど、それなりの敬意は払われていたことだろう。





人にものを教えることは、それなりに認められていたと思う。そして、長い歴史はそれなりに継がれている。近所の寄り合いで、学校の教師が「先生」と呼ばれるのはその名残ではあるまいか。学校の先生はそれなりのことを教えて給料をもらうのである。





私はどうか。言ってみれば教師の下働きである。これを教えると言う信念もなければ、義務もない。教科書が変わればそれに合わせて出来るだけ分かり易く教える。学校で中間考査や期末テストがあれば、予想問題を作る。





教師の裏を探るのである。確かに、余り自慢できる仕事ではなかった。士農工商で言えば、間違いなく商に属しているだろう。自分で選んだ仕事でなくて、流されていきついたような仕事でもあった。どこか、自分の職業に確かに劣等感を持っていたのだ。





この地、フィリピンに行ったことがある人は誰でも経験があるだろう。日本人からは出来るだけお金を払わせようとするのが普通であるのだ。しかし、少年に数学を教えた。只それだけのことで、






周りのフィリピン人の人達が貧しい筈のボーイに「授業料を払うべきである」そう言ってくれたのである。確かに、私が塾の経験をして、心のどこかにあった劣等感を慰めてくれたような経験であった。





教えることに自信を与えてくれた初めてのそして一回限りに経験だった。塾の講師であることを卑下しないでも良いのではないか。生涯、塾の講師であることに自信を持っても良いのではないか。そう思わせてくれた貴重な経験だった。マニラでのほんの小さな経験である。しかし、小さな経験の積み重ねが案外大きいものではないか。






小さい経験が自分に自信を与えてくれる。人生とはそんなものではないだろうか。人にものを教えることは、この地でも、それなりに評価されるのか!

私が生涯一講師として生きる原点になった経験でもあった。

つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/





私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

ガンで何度も死にかけた私が今思うこと




こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています


ガンで何度も死にかけた私が今思うこと!

最初から読む

私の入院体験から読む

住宅ローンの恐怖を読む

真実は何かを読む

今後の私のブログの方針についてを読む

前日の文を読む





そうだ、看護婦は敵だ。私が秘かに食事しているのを見ると、医者に言いつける危険でやっかいな存在なのだ。そして我が妻は本当に有難いと思った。

日本人ならまず医者の言うことを素直に聞くだろう。





「あなた、何を言っているの。先生の仰ることを聞かなくては」

恐らく百人がいたとして九十八人まではそう答えるだろう。ひょっとすると百人全員がそう言うかもしれない。日本人は他人と違うことを嫌うDNAがある。




本当に我が妻がフィリンピン人だからこそ医者の権威に負けずに私に協力してくれたのだろう。妻には本当に感謝した。妻がフィリピン人であることに感謝した。




「あー、看護婦さんが来るよ」

私は慌てて、弁当を引き出しの中に隠した。看護婦さんが何かを聞きに来たのだった。

私がそれに答えると、看護婦が出て行き、私は引き出しから弁当を出すと急いで、しかし、よく噛んで弁当を続けた。




食事が終わると本当にほっとした。

「これで良い。小腸が動き出す筈だ。何の問題もない。看護婦に見つからなくて良かった」

その日に検診に来た主治医が言った。





「あー、小腸が少し動き出していますね。これなら、今日から水は飲んで良いですよ。食事ももうすぐ出来ますからね」

私は心の中だけで言った。




「食事も水もとっくにしているよ。馬鹿め。何も分からないのか」

口では丁寧にこう言った。

「先生、お蔭さまです。本当に有難う御座います」

その後も秘密の食事は続いた。




私は確信していたし何の疑問もなかったのだ。

小腸だって仕事がないのに動くわけがないではないか!


こんな簡単なことが分からないのか。秘密の食事は尚も続

いた。常に妻が見張っていてくれた。敵の看護婦の目をごまかす為に妻も頑張ってくれた。


つづきを読む




出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。

何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











家庭教師をします


ブロ友

良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。

https://tatakau736.blog.fc2.com/

【岡田有希子の謎】予知夢・超能力

◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく

現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです

こちらも見て戴けたら嬉しいです

実は日本の医療は先進国で最低だ



今このブログではガンだけに特化しようとしています。紹介したブログはガン以外にも例えば株やバブルの状態のことも説明し、若い人々に是非御参考にしていただきたいと思っています


実は日本の医療は先進国で最低だ






例えば、何度目かのフィリピン訪問で、同国の友人も出来、その友人にお餅を土産に持っていってあげて、
“ This is Japanese traditional food,
「これは日本の伝統食です」





そう言った時、行きの便でたまたま隣り合わせた、高校の英語の教師という若い女性が、急に横から、餅のことを“rice cake.” と言い直したのだ。しかも、御丁寧に、
「日本語で話して頂ければ私が通訳しますよ」
と、私に堂々と言うのだった。何と失礼な人なのかと感心した。




高校の英語教師として、自分なりのプライドがあったのかもしれない。英語は相当の自信があったのだろう。
乗り合わせた便で隣の席なので少しの会話をしていたから、親しみを感じてくれていたかもしれない。ちなみにその女性はどちらかというと美人に見えた。




そして飛行機の中で、
「小人の店があるんですよ。この本に紹介されて行ってみたいけれど一緒に行きましょうか」
そう誘われてもいた。






誘われた時には、ちょっと考えてもいたのだが,通訳など欲しくもない。或は英語辞典ではそう訳されているのかもしれない。私は確かめる気持ちさえ起きなかったが、私の訳でも間違いではない。本当に通訳をかってくるなど全く、余計なお世話だ。





私の気持ちにも気づかずに、私の英語を訂正した後で、
「そうそう、小人の店に行きませんか。泊まるホテルはどこですか」
そう言ってきたが、私ははっきりと断った。





「あなたとはどこへも行きたくありません。私は独力で貴方よりは気に利いた英語を話せます」
そう言って、その場できっぱりと別れた。




飛行機の中で、偶然隣り合わせて、あるいは縁があったのかもしれなかった。しかし、到底私にはあわない人だった。
私がある程度美人な人から誘われて、明確に断った初めての経験だっただろう。そして、おそらくある程度若い美女に誘われて、明確に断ることは今後もないだろう。





ちなみに私はどんなに下手な英語を話している人がいても、本人が頼んでこない限り口は挟まないと決めている。まして、本人の訳を訂正したり、英語力を評価するなど失礼なことは絶対にしない。






どうして私に他人の英語力を評価する権利などあろうか。本当になまじ英語に自信のある日本人ほど嫌な人種はいなかった。
ハワイとか、ヨーロッパ、あるいはアメリカなどは料金も高いし、それに取れる休みも限られている。とても、アジア以外の国には行けなかった。





塾を経営しながら、休めるのは精々、日曜日を入れて四日間が限度であり、その中ではフィリピンが一番誰もが生きた英語を話していた。二人に一人は道を聞いても、英語で答えてくれていた。雰囲気も好きだった。





ホテルのボーイも誰もが英語で通じた。文法なんて、一切気にしない。しかし、普段、英文法を教えていただけに、自然に相当の英語が話せるようになっていた。
フィリピンにはおそらく独身時代に二十回以上行っていただろう。正直、本音を言えば値段の安いことが最大の魅力だった。何度も言うようにケチな私である。






出来れば下のブログランキングの両方をクリックして頂ければ有難いです。
何とかガン患者の為に順位を上げたいのです。御協力をお願いします。











ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/
【岡田有希子の謎】予知夢・超能力
◎予知夢・超能力とは…?また彗星のごとく
現れこの世を去った岡田有希子の謎に迫る!!
https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/




私の別のブログです
こちらも見て戴けたら嬉しいです




こちらはいまガンで苦しんて゛おられる方には私の今のブログより役に立つでしょう。私のこのブログは若い人の為に役に立つと思うことを何でも書いていますが、今紹介したブログはガンだけに特化しています

プロフィール

xo6em3gc9c1o

Author:xo6em3gc9c1o
64歳でガンになりました。その偽らざる経験を知って頂きたいのです。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
728位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
280位
サブジャンルランキングを見る>>

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
728位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
280位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR