fc2ブログ

実は日本の医療は先進国で最低だ

最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む


「車を運転している人はお金を払っています。歩行者は只で歩けるのです。車に譲りましょう」
そう教育されていたのだ。今の若い方々に信じられるだろうか。飲酒運転も同様である。

昔は今ほど厳しくなかったし、実際私も深酒しながら高速道路を走っていたのだ。今になってよく無事だったと思うが当時は友人達も同様だった。流石に今の時代である。私は一滴でも酒が入れば絶対に運転しない。時代の流れなのだ。テレビも洗濯機もなかった時代なのだ。当然に道徳も常識も変わるだろう。しかし間違いなく良い時代になったと言えるだろう。

良く若い方々はどこかの時代例えば「バブルの時代」を羨ましく思ったりするが単なる錯覚に過ぎないだろう。現代社会ほど良い時代はないだろう。何より食べられる。安らげる場所がある。こんな有難い時代は決してなかっただろう。ほんの少し前、例えば私が小学校の一年生の頃には阪急茨木市の駅前は田んぼばかりだった。当時はその場所にウンチを貯められる肥溜めがあり、事実かどうかはっそりしないのだが、「肥溜めに落ちて死んだ子がいる」と言う噂さえあったのだから。

何しろ子供は多すぎたので、相対的には全く大事ではなかったのだ。実際、いじめは今よりはるかに激しかったので、いじめを苦にして自殺した子供も恐らくいただろう。幸い私の周りには一人もいなかったのだが、全国ではかなりの犠牲者がいただろう。しかし、そんなニュースなど聞いたことも無かったのだ。子供に構う余裕もなかったのだろう。

だから繰り返して言うが今ほど良い時代はなかったのだろう。何より安心して生活できるのだ。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします


続きを読む
敢えて私はアルバイトをします

ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/

続きを読む
スポンサーサイト



実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む


確かに父は自分の家系に自信を持っていたし、誇り高い人だった。何しろ実家には家系図があり、その祖先はなんとあの中大兄皇子であった。父がその家系図を信じていたことは恐らく間違いなかっただろう。尤も私が大学に入学し国史の先生に尋ねたところ、先生ははっきりと私に断言されていた。

「当時は専門の家系図を書くことを生業にしていた人達が大勢いたので、全く信用できないので見る価値もないだろう」
私だけが実家で真実を知ったのだった。当然に誇り高い我が父に言える筈もなかったのだ。当然にフィリピン人と結婚した私は「祖先の威厳」を破ったのは想像に難くなかっただろう。

それでなくとも「お前はいらない」と公言されていた身であった。例えばその約二十年後に死んだ父の遺言で私は長男の十分の一以下しか与えられなかったのだ。当然に遺留分をはるかに超えていた。恐らく父の本音としては一円も上げたくなかったのだろう。中野家の血筋を汚したのだ。父は私に一円も上げたくなかったことはたまに父の病院見舞いに行った時の父の姿勢で容易に想像できたのだった。只、全くのゼロでは流石に示しがつかない。申し訳程度にしたかったのだろう。現代に生きる方々は信じられないだろう。

何しろ数億円の資産がありながら、私には一千万円しか与えられていなかった。父の思いとしては恐らくそれでも上げ過ぎだと思っていのだろう。それは日頃の父の態度で想像に難くない。何しろ誇り高き中野家の血を汚したのだ。父としてはその一千万円ですら多すぎると思っていたのだろう。何しろ私以外の子供達には結婚式の費用も又家さえも用意してあげていた。私だけであった。一円の結婚祝いも貰えなかった。もう少し書きたい気もするのだが、脱線するので元の話題に戻そう。

尤もその当時としては恐らく異常とまでは言えなかったのだろう。私以外にも同様の扱いを受けていた人達が相当いたことは想像に難くない。何しろ私が生きてきた72年間には驚く程道徳も常識も変わっていったのだ。そう言えば私は現代と戦後間もない時代の生き証人とも言えるかもしれないのだ。或はこの手記を単にガンに対する姿勢だけでなく一つの歴史と見て頂いても良いのではないだろうか。

実際、もしもタイムスリップできたとして私が急に子供時代から現代に移行すれば浦島太郎の様にすっかりたまげるだろう。

若い方々も是非参考にして頂きたい。当時は車優先だった。学校では、


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします



続きを読む

敢えてアルバイトをします

ブロ友
良い人だと思います。只、私は自分のブログで精一杯で読めないのが残念です。
https://tatakau736.blog.fc2.com/

https://xn--mdk8a422t5r0c.fc2.net/

アルバイトを敢えてやります。

わたしの新しいアルバイト

少しでも生き甲斐を作る為に新しいアルバイトを始めました。
私はこの手記を書ききることを目標にしています。とは言え今は暇なのです。
手記でも書いたように私自身はお金を必要とはしていません。

年金の支給額は月12万円程度ですが、幸い配当が約月4万円あり、
また株式の優待券があり、ほぼ昼は外食しています。

従って、それ程の必要がないのです。ではなぜ今アルバイトかと言いますと
ズバリ遊ぶだけの生活は嫌なのです。誰かの役に立ちたいのです。

しかし、正直只でのボランティアは私には無理です。人には誰しも個性があります。
私は労働への対価を求めます。必要と思われる方のみ私を求めて下さい。

一時間で三千円です。ズバリ会話を求める方への協力です。
ガンになって悩んでいる方の相談相手。株の知識を求めたい人達。

それから自分の性格を変えたい方々、例えば「盗癖がある」ご自宅へ訪問することも可能です
「アル中になり悩んでいる」「自分に何か不安がある」
「そもそもなぜ生きているのか分からない」等々です。

犯罪に手を染めることは出来ません。私は今まで自分なりに
精一杯生きてきました。従って道徳に違反することは出来ません。

しかし、例えば「今、不倫を止められない」と悩んでいる方には相談可能です。
勿論、秘密は守ります。少しでも手記を読んで頂ければ私の性格も推察できるでしょう。

「いじめられる」「会社を辞めたい」「自殺したい」等々、私を必要とされる方にはどんな
相談にも応じます。「ホストクラブを止めたい」等々何でも構いません。

私は阪急総持寺駅が最寄り駅です。
そこから一番安い交通費と、例えば喫茶店ならそこでの費用を頂きたいです。
あなたの御自宅へ訪問することも可能です。

但し、私の家での接触は不可能です。勿論一度お会いして信頼出来ればそれも可能です。
一度目はファミリーレストランとか、喫茶店が最適でしょう。

ともかく死にたいと思っている人は是非私を利用して下さい。死ぬ気があれば
何でも出来ます。私は特別に心理士の免許を持っているわけではありません。

只、72歳まで生きて来てあらゆる経験をしてきました。今までの経験が
ひょっとすると貴方を助けることが出来るかもしれない。
その思いが強いのです。日本では世界的にも自殺が多いのです。

また、私も良くカウンセラーと話す機会も多くありました。全員が
「無料では駄目だ。どうしても甘えが出てしまう」
と言いますね。

やはり全くの無料だと、双方に甘えが出るようです。
ある程度の出費をして、元を取らなければ損だと思う必要があるようです。
勿論個性によって違うのは言うまでもありません。

いずれにせよ、困っている方には私も最善の努力をして、
真剣に相談に乗ります。私はどこまでも真面目にお会いすることはお約束いたします。

私は相当苦労しています。私の経験が誰かを救うことが可能ならしたいです。
詳しいことは私にメールを下さい。その内容で私が自信を持てないなら
お会いする前にこちらからお断りします。

勿論、全ての方の役に立てる筈もないですね。
只、メールを頂くのは只ですので何か悩んでいれば是非、メールを
お送り下さい。メールアドレスは
rshwh0329@yahoo.co.jp です。

尚、自宅での生活が第一ですので、午後五時以降なら
一時間六千円にさせて頂きます。出来れば
昼間が良いですね。

                 中野治男






実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

そう言えば最近では若い人達に中々子供が出来ないと言う。或はこれらの原因も食べ過ぎにあるのかもしれない。事実、断食道場などに通うと子供が出来て、多数の感謝状が来ているらしい。そう言えば貧しい国程多産である。現に妻にも九人もの兄弟がいる。私も五人兄弟だった。貧しい国に行くと確かに子供が多いし豊かになるにつれて子供の数は減っている。私も戦後の貧しい時代に幼少年期を過ごしていた。

私達も殆ど、食べる物はなかったのだ。それもあったのだろう。一学年に270万人もいたのだ。だから産児制限の話さえ良く話題にされていた。町ゆく人々にアナウンサーが、
「あなたは産児制限に賛成ですか」

等々よくラジオで流されていたのだ。当時のことである。テレビはまだなく普通にラジオで放送されていたのだ。恐らく街頭インタビューの走りの頃だった。実際父は私に平然と言っていた。
「長男は必要だ、中野家の跡継ぎとして絶対に必要だ。次男も長男に何かあればその跡継ぎになる。お前は何の必要もない」

堂々と公言していた。私の心など構うそぶりすら見せなかった。今の若い方々には想像も出来ないのではないだろうか。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします



続きを読む




敢えてアルバイトをします

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

石原結實先生の本は素人の私でもとても読みやすく、何冊も何冊も読んだ。

自らも断食道場を開かれているようで、「食べすぎ」を止めるように仰っていた。

そう言えば、私が大学を卒業してからの無職時代は一日一食が普通で、その間は全く病気をしていなかった。塾を始めて漸く生徒数が十人を超えるころから、徐々に食べ始め、その頃から確かに体重が増え始め風邪にもかかりやすくなっていた。

「食べすぎ」これが万病の原因なのか? 石原先生の本は分かりやすくどんどん読み続けた。人間には遺伝子がある。

日本は海に囲まれているので、古来、海のものを食べ続けていた。貝塚があったのだ。

海のものを食べることには体が適応できるように育てられており、消化しやすいように遺伝子が、作られているのだ。

それ迄私の好物は肉だったが、意識的に魚を食べるようにした。「これが体に良い」そう思うと、不思議と魚がおいしく感じられるようにもなったのだ。尤も抗ガン剤のせいでその魚の味も徐々に分からなく成りつつあった。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします


きを読む

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

今では大口芸人、例えばもえの あずき氏などは小腸が凄く機能が劣化しているだけなのだろう。殆ど小腸が劣化しており、栄養の大部分を吸収できなくて直ちに大腸に行き、その養分の殆どがウンチになって出て行くだけだろう。

それ故彼らは何度もトイレに行くだろう。養分が殆ど吸収できずに、ウンチになって出て行くだけなのだ。トイレに行く回数は恐らく普通の人達より数倍多いだろう。念の為言うが、私は彼らを決して非難していない。しかし、彼らは恐らく昔の時代、即ち私達の子供の時代に生まれていれば、栄養失調でたちまち死んでいただろう。だから現代社会に生まれて感謝すべきである。

或は、前述したもえの あずきさんはこの場合に引き合いに出す人ではなかったかもしれない。もっと引き合いにするのに最適の人がいるだろう。姉妹で大口の人がいる。確かにその人の方が引き合いに出すのにもっと適切だろう。残念ながら私はその人の名を知らないのだ。年を取れば新しい芸人の名前をなかなか覚えられないものなのだ。もえの あずきさんも私の無知を是非許して頂きたい。

私の話に戻ろう。どうしても必要と思い例に挙げたのだが、もしも不適であれば年寄りに免じて是非許して頂ければ幸いである。ともかく能力と財力の乏しい私はガン対策として、インフルエンザにかかりたい。そんな消極的な対応しか思いつかなかったのだ。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします


続きを読む

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

インフルエンザに話題を戻そう。私はガンになって以来、自分なりに勉強し、それ以後一切、インフルエンザの予防注射など受けなくなったのだ。もしもインフルエンザになっても自分の体力の回復を待つだけだ。せっかくガン細胞を倒すチャンスである。このチャンスを逃す馬鹿はいないだろう。

今の若者達もインフルエンザにかかれば私と同じことをすれば良い。きっともっと健康で強い体になれるだろう。何の副作用の心配することも一切ないのだ。薬を飲まないのだから副作用になることがどうして起きようか。心配は一切なくなるしお金もいらない。こんな良い治療法は絶対ないだろう。

ライザップも必要ないだろう。私は決してその会社をつぶしたくて言っているのではない。寧ろその会社は革新的で素晴らしいとさえ思っている。只、私と同様なことをすればはるかに安く生活できるしはるかに健康になれるのだ。

阿保先生が仰ったように今の人達は医者を信じすぎている。自分の免疫力をもっと信じるべきである。医者に頼るな。誰よりも医者を妄信しガンになってもひたすら主治医を信じていた私だからこそ敢えて言いたいのだ。食事をなるべく少食にしよう。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします


続きを読む

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

インフルエンザになろう。そして自力で克服しよう。但し熱が42度を超えるようであれば熱さましの薬を飲めば、健康な体細胞は守れるしそれでガン細胞だけを克服できる。

私はインフルエンザになることを期待して心待ちにしていた。しかし何と皮肉なものだろう。

その頃からインフルエンザは勿論只の風邪さえひかなくなってしまったのだ。人生とは何と皮肉なものなのだろうか。或は阿保先生や石原先生の仰るように食事を改善したからかもしれない。正直、今の私はあの「抗ガン剤を使用しなければ間違いなく死ぬ」と三人もの外科医に勧告をされながら薬を全く必要とはしていない。阿保先生や石原先生それに船瀬先生の仰ることを実践し、風邪一つ引いていない。

私は現在では殆ど病院には行っていないし、薬は勿論何のサプリも使用していない。それでいて、最近では十年以上も若く見られている。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします



続きを読む

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

但し、42度を超えれば熱さましの薬だけ飲み健康な体細胞を守ればそれで良いのではないだろうか。それこそガン細胞を死滅させる絶好のチャンスである。インフルエンザは私がガンを治す唯一のチャンスなのだ。

私は実行に移しつつあった。熱さましのとんぷくだけを身近に置いた。私は熱さましの薬を身近に置きインフルエンザにかかることを期待さえしていた。私にとっては当然の選択だった。何しろ他の対策は全く思いつかなかったからだ。少なくとも他の対策は余りにもお金が掛かり過ぎたのだ。

実際、私達の子供の頃には、インフルエンザと言う言葉はなく、その病を「流行性感冒、略して流感」と呼んでいた。流行なので薬はないと言われていた。只、体力がつくまで待つだけだったのだ。

いつの頃からなのか、流行性感冒、略して流感はインフルエンザと呼ばれ、タミフルなどの特効薬が使われるようになった。しかし、一部の若者はその副作用で二階から飛び降りたりして死ぬことも報道されていた。昔の方が良かったのかもしれない。

只、ひたすら体力の回復を待つ。案外それが最高の治療なのかもしれない。私は次第にそう思いつつあった。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします


続きを読む

実は日本の医療は先進国で最低だ


最初から読む
私の入院体験から読む
住宅ローンの恐怖を読む
真実は何かを読む
前日の文を読む

しかし、生き方だけは変えようと思い始めたのだ。「これなら私にも出来る。出来るだけ楽観的に生きよう」そう思い始めた。

但し、人工肛門だけはそう簡単に忘れることは出来なかった。仕方がなかった。何しろ35年も勤め上げた塾の講師が出来ないのだからどうしようもなかった。しかし他の点では出来るだけ楽観的になろうと意識するようになったのだ。

他に私の限られた能力で理解できる具体的な部分は、ガン細胞は39度で死滅することだった。一方体細胞は42度くらいまでは持ちこたえられるのである。

私は良く冬には風邪をひいたりインフルエンザにかかった。ならば、インフルエンザにかかればガン細胞を殺すチャンスである。そう考えるに至ってしまった。

もしも私がインフルエンザになれば一切医者にかからない。自分で治せばよいのだ。


少しでも応援して頂ければ下をクリックお願いします



続きを読む

プロフィール

xo6em3gc9c1o

Author:xo6em3gc9c1o
64歳でガンになりました。その偽らざる経験を知って頂きたいのです。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
871位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
361位
サブジャンルランキングを見る>>

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
871位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
361位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR